バイク大好き浪速の筋肉爺ちゃん鍛錬記

炎の指導士 ボディビル パワーリフティング ベンチプレス指導。体技心道育成会。

ひとり鍛錬。

| 0件のコメント


東京国立競技場体育館でのベンチプレス大会、ただ一人の200㎏挙上者でした。

横の審判椅子からおりて片膝ついて審判していますね。

私の持論は椅子に座って審判しなさい。

背中も丸めず姿勢正しい状態での審判を望みます。

下手な審判、他の審判の判定を見てから一拍おいての審判、自分の意志を持ちなさい。自信がなければ審判をしてはいけません。

昔、ケツ浮きばかりを見て胸の上でつぶれているのに白を出した審判もいてました。実際に見ましたよ。

椅子に座り足を組んでる審判もいましたが、私から言うとお前なんかに審判してほしくないわと。

それに大事なのは審判は審判らしい服装で審判すること。

もし公式試合で放送なんかがあれば、なんじゃこんな審判がやる試合が公式試合かと疑問視されるでしょう。

選手にコスチュームチェックがあるように審判のコスチュームチェックも致しましょう。

公式試合は威厳がある様に!

 

力は出たが。

 

しかし終わった後は疲れが大波のように。

しばらく時間が経てば凪になるでしょうが。

 

今日、一つヒントが確認でき(挙げる方法)それだけでも鍛錬している価値があると思います。

日々工夫の鍛練です。

 

なぜ鍛錬続けるの?

去年の肉体をさらに上回るためです!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
8+

コメントを残す