バイク大好き浪速の筋肉爺ちゃん鍛錬記

炎の指導士 ボディビル パワーリフティング ベンチプレス指導。体技心道育成会。

朝から。

| 2件のコメント


朝から。発泡酒を朝、昼食事、夕方の今も飲んでます。

本日67歳になりましてお祝いのケーキいただきました。

もうすぐ、うどんすきの食事が始まります(さぬきうどんです)。

1

 

ネットオークションしていた処、30年前の1冊を購入することが出来ました。

私がベンチプレス単独大会としては初めて200kgに成功して見開き2ページに載ったものです。

誕生日に購入できるなんて奇跡です。

ボディビル雑誌に初めて載せてもらったのは17歳の時でもう49年前のことですよ!

明日からも気を起こして頑張れそうです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
0

2件のコメント

  1. 先生、67歳の誕生日おめでとうございます。
    お孫さんに祝ってもらう誕生日、何よりですね!

    月刊ボディビルのこの号は、私が岩崎ジムの門を叩いたきっかけの1冊です。
    この号の発売当時、学連の登録選手としてパワーリフティング(三種目)の大会に出場していた私は、既に三種目の選手として大変な記録を出されていた先生のお名前を、月刊ボディビル巻末の大会結果欄でよくお見掛けしていました。
    この号の見開きで、ド迫力のベンチプレス写真を見て、これがあの岩崎選手のベンチプレスか!と驚いたものです。ベンチシャツも無く、ベンチ台もまだボディビル用のものと大差無い時代ですから、ラックから外すだけでもどれほどの強さが必要だったことでしょう。しかも先生は、まだ体重もかなり軽かった頃ですよね。

    それから12年後、この号の写真の記憶が頭から離れず、岩崎ジムの門を叩きました。初めてお目にかかったその日に、目の前で生のベンチプレス200kgをいとも簡単に挙上され、度肝を抜かれたその光景が、昨日のことのように目に浮かびます。大学では主将を務めていながら、学連の大会では4位止まりで啼かず飛ばずであった私を暖かく迎えて下さり、本当に感謝しています。

    岩崎ジムでは本当に多くのことを教わりました。岩崎ジムは、強く、厳しく、緻密で、科学的で、そして何より、暖かい場所です。先生を始め、当時の日本トップ級、いや、世界大会へ出場された選手方が、私のためにプレートの付け外しをして下さっていたのですから、今にして思えば夢のような環境でした。

    思い出を語ると尽きません。先生の腕回りは、今も私の、遥か遠く及ばない目標です。今後も地道に精進します。
    先日は写真のアップ、有難うございました。また書き込ませて下さい。
    今度は家族を連れてお伺いしますので、是非宜しくお願いします。

    0
    • 村田(杉山)様

      コメント欄への書き込みありがとうございます。

      正月そうそう嬉しいコメントです。

      古い雑誌、大きく載ったならば数冊買っておけば良かったのに当時はそんな気の利くような考えがなかったですね。

      いろんな人に見てもらったので持っている一冊はかなりくたびれています。

      多くの方の記憶に残れて嬉しいです。

      皆さんで大阪に来られた時は一緒に食事をしましょう。

      楽しみに待ってます。

      0

コメントを残す